帰路にて

仕事終わりの電車内、ドア横のスペースにもたれた私はじんわりと汗の浮かんだ首元を拭う。
本音を言うなら座りたかったのだが、今の時間帯を考えれば仕方のないことだ。この位置を確保できただけでも儲けものだと思おう。
それにしても、外と車内の気温差が尋常でない。あまりこの状態が続くようだと、ただでさえ風邪気味なところ、さらに具合が悪くなりそうだ。
“帰路にて”の続きを読む

カヤとアシタカ

カヤ「兄さま」

アシタカ「カヤ、見送りは禁じられているのに……」

カヤ「おしおきは受けます。これを私の代わりにお伴させて下さい」

アシタカ「大切なひとし君人形じゃないか……」

カヤ「お守りするよう息を吹き込めました。いつもカヤは兄さまを思っています。きっと……きっと……」

アシタカ「私もだ。いつもカヤを思おう」

 
※このひとし君人形は最終的にサンにボッシュートされます。